Twitterを楽しむコツ「自分だけのTLを作っていく」 | 集客仕組化サポート・ネット集客・ビジネスプロデュース・パーソナルコーチングの株式会社エーゼットコンサルティング【大阪箕面・豊中・吹田・茨木】

ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

Twitterを楽しむコツ「自分だけのTLを作っていく」


ban1

コーチングで稼げていないコーチの方へ

完全無料・期間限定動画講座
セールス不要。相手から「お願いします」と言われるクロージング
コーチングで稼ぐための「稼げるコーチ育成動画講座」
今すぐ下のリンクをクリック
https://azconsulting.jp/coachingh/

前回、Twitterを楽しむコツ 「まずはフォロワーさんを100人に増やそう」という記事を書きました。

フォロワーが100人を超える頃になると、絡むことも多くなり、Twitter上にはよく見かける人や中にはオフ会で会ってみたい人、さらにはもう会ってしまって意気投合してしまった人までいるかもしれません。

そうなってくると、友達の友達からフォローされたり、またこちらからフォローしたりという輪がどんどん増えていきます。

そこで次にしておきたいのが

「自分だけのTL(タイムライン)」=リスト機能

です。

リスト機能は、自分で好きな名前をつけて、その中にTwitterアカウントを登録していくことができます。

たとえば、「オフ会で会った人」とか、「Twitterで知り合った人」みたいな感じでリストをどんどん作っていくことができます。

公開、非公開どちらもできますので、ちょっと気に入った人を入れるリストは非公開とかにもできますよ。

詳しくはこちらも読んでみてくださいね。

Twitterのリスト機能
Twitterのリスト機能その2

フォロワーが100人を超えてしまうと、普通のTLより、リストのTLの方が比較的ゆっくりなので、つぶやきを見逃す可能性が少なくなります。

そうすれば、さらにTwitterは楽しくなること間違いなしです。

このタイミングでリストを作るという理由はもうひとつあります。

それは比較的分類が簡単だということです。

たとえばフォロワーが1000人になってからリストを分けるとなると、必ず「こんな人いつフォローしたのかなぁ~」ということがあるのです。

さらに、めんどくさがりの人は、途中で投げ出したくなるでしょう。

Twitterを始めた頃は、何気なくフォローしている人も多いので、放置しておくと大変なことになります。

だから早めにリストを作って分ける癖をつけておいたほうがいいでしょう。

ただ、万が一、リフォローすることになった場合もリストには残ってしまいますので、リストからも外すという作業が出てきます。

でも、これはリストに入れるようになったほどの関係ならば、あまりないと思います。

自分だけのとってもスペシャルなTLができるようにがんばっていきましょう。

ban1

コーチングで稼げていないコーチの方へ

完全無料・期間限定動画講座
セールス不要。相手から「お願いします」と言われるクロージング
コーチングで稼ぐための「稼げるコーチ育成動画講座」
今すぐ下のリンクをクリック
https://azconsulting.jp/coachingh/

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP