リーンスタートアップって何 | 集客仕組化サポート・ネット集客・ビジネスプロデュース・パーソナルコーチングの株式会社エーゼットコンサルティング【大阪箕面・豊中・吹田・茨木】

ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

リーンスタートアップって何?


ban1

コーチングで稼げていないコーチの方へ

完全無料・期間限定動画講座
セールス不要。相手から「お願いします」と言われるクロージング
コーチングで稼ぐための「稼げるコーチ育成動画講座」
今すぐ下のリンクをクリック
https://azconsulting.jp/coachingh/

「リーンスタートアップ」を知っていますか?

あなたは「リーンスタートアップ」という言葉を知っていますか?

新しいマーケティングの考え方です。

僕も詳しく勉強していませんのでこれから勉強していますが、さらっと学んだことを書いてみます。

今までのビジネスの考え方

今までのビジネスの考え方は

まず商品を作ります。

そして営業して見込み客を集めます。

最後にセールスをします。

という順番でした。

リーンスタートアップではこれではだめだと言っています。

なぜだめなのか。

売れるかわからない商品を先に作るから

そもそも商品を先に作ると売れるかどうかわかりません。

その売れるかわからない商品に先行投資することが失敗に繋がるとしています。

そして、営業して見込み客を集めるということもダメです。

商品で先行投資しているのに、さらに営業経費をかけて見込み客を集めているので、セールスしてキャッシュが発生するまでにお金がかかりすぎるということです。

先に見込み客を集める

では、どうするのか。

先に見込み客を集めて、その商品を欲しいかどうか聞きます。

ダメなら問題点を聞いて改善します。

全てクリアーになってから商品を作ります。

そうすれば、もし、見込み客がいなければ、商品を作る必要はありません。

既に見込み客がいる状態で始められる

また、見込み客を集めるためにビジネスを考え、見込み客を集めます。

そうすることで商品を開発するためのコストを最低限に抑えることができます。

さらに、見込み客がすでにいるビジネスモデルでスタートするので、集客も楽という考え方のようです。

どうしても商品を先に考えてしまう

どうしてもビジネスは売る商品を先に考えてしまいます。

そうすると、後から買ってくれる人を探さなければなりません。

かといって、成功している人のマネをすると先行者利益で、どうしても後発組には不利になります。

このようなマインドにはなかなかなることができませんが、せっかく知った言葉なのですこしずつ勉強し、自分のビジネスに取り入れられるようにがんばります。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

わからないことや疑問点があれば、コメント欄に書きこんでください。

もちろん、ご感想もお待ちしております。   

ban1

コーチングで稼げていないコーチの方へ

完全無料・期間限定動画講座
セールス不要。相手から「お願いします」と言われるクロージング
コーチングで稼ぐための「稼げるコーチ育成動画講座」
今すぐ下のリンクをクリック
https://azconsulting.jp/coachingh/

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP