ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

Facebookページをしっかり使うこと


ban1

コーチングで稼げていないコーチの方へ

完全無料・期間限定動画講座
セールス不要。相手から「お願いします」と言われるクロージング
コーチングで稼ぐための「稼げるコーチ育成動画講座」
今すぐ下のリンクをクリック
http://azconsulting.jp/coachingh/

株式会社エーゼットコンサルティングの安達です。

集客するためにずれていた3つのポイント

前回お話したカウンセラーさんのお話の続きです。

このカウンセラーさんの10点減点の中に大きいポイントが3つありました。

「Facebookの使い方」

「ホームページの構成」

「PPC広告の使い方」

の3点です。

 

「Facebookの使い方」

今日は、まず一つ目の「Facebookの使い方」についてお話したいと思います。

Facebookは、流行っていることもあり、集客ができると言われています。

しかし、集客できているのは一部の大手企業や有名人にすぎません。

一般人が集客できているかと言えばそれは疑問です。

集客の定義がいろいろとありますが、アクセスを集めるだけならできている人はいると思います。

しかし、集客ができて実際に商品を売っている人がいるかというはほとんどいないと思います。

というか、Facebookで商品は売れません。

 

アクセスを集めるために使う

ソーシャルメディアは商品を売るために使うのではなく、アクセスを集めるためにあるのです。

アクセスを集め、そのアクセスを自分のブログやサイト、メルマガに流すのがポイントです。

ソーシャルメディアで商品を売ろうとすると相当の信頼関係ができていなければ難しいです。

はっきりいって「うさんくさい」ですから。

すでに信頼関係が出来上がっていて、商品を売るのは大丈夫でしょう。

たとえば、
AKBのグッズがFacebookで売りだされれば買う人は殺到するでしょう。

これはファンがたくさんいて買いたい人がいるからです。

しかし、あなたの商品は他の人と差別化ができて、信頼関係ができていない限り売れません。

だからFacebookでアクセスを集めて、自分のブログやサイトにアクセスを流すのです。

 

Facebookページを使うこと

ここで、Facebookにアクセスを流すための重要なポイントがあります。

まず、Facebookには、「個人ページ」とビジネスで使う「Facebookページ」が存在します。

最初に作るのは個人ページとしてのFacebookですが、ビジネスで使うにはFacebookページを開設した方がいいでしょう。

そして、Facebookページの方に「いいね!」を集める必要があります。

Facebookページに「いいね!」を集めれば、投稿した内容が「いいね!」を押してくれた人の
ニュースフィードに流れていきます。

つまり、Facebookページに「いいね!」を押すことは、
ファンであるということ
です。

ファンに向かって情報を発信することで、ファンは喜んでくれますし、来店もしてもらえます。

 

Facebookページの投稿は検索エンジンにも登録される

さらにFacebookページはgoogleなどの
検索エンジンにも登録されます。

だから検索結果にも表示され、結果的にアクセスを流すこともできるわけです。

個人ページは、検索結果には表示されませんので、Facebookページを使わないと意味が無いのです。

以上の理由から、ビジネスでFacebookを使うには「Facebookページ」を使わなけれなりません。

また、通常の個人ページで、すでに友達関係となって信頼関係が出来上がっている場合はアクセスが期待できますが、信頼関係が出来上がっていない場合はアクセスを流すことができません。

通常の個人ページでは、すでに友達であり、信頼関係が出来上がっている場合はリンク先を見てもらえます。

しかし、友達関係であっても信頼関係が出来上がっていない場合は、なかなかアクセスを流すことができません。

そんな他人のこと「興味が無い」からです。

 

信頼関係の無い、知らない人を数集めても無駄

FacebookページはGoogleなどの検索エンジンに投稿が表示されます。

つまり、興味を持った人が検索することで、Facebookページに投稿された内容が検索されてアクセスしてもらえます。

このことにより、全く知らない新規顧客を自分のホームページやブログに流すことができます。

そうすれば、新規顧客を獲得できる可能性があります。

すでにFacebookで友達になっている場合は、新規顧客ではなく、すでに常連客になっているはずです。

Facebookでは5000人まで友達申請できますが、適当に友達申請して友達関係を増やしても無駄です。

知らない人から申請されれば、無視されますし、申請が返ってきたならば相手も見込客と思ってくれただけで相手からもターゲットにされているだけですから。

このように、友達申請だけで新規顧客獲得するのは難しいのです。

もしあなたがアメブロなどの投稿を自動投稿し、個人ページに流している場合は意味が余りありません。

友達に投稿を読んでもらっても新規顧客になる可能性が少ないからです。

本来ならばアメブロの投稿は「Facebookページ」に流し、検索エンジンに登録されて初めて新規顧客があなたのブログにやってきます。

そして、ブログを読み、共感してファンになり、商品が売れるわけです。

このように、ただFacebookを使うだけでは集客ができません。

 

知らなければ損をする

今回の相談でカウンセラーさんは、個人ページにせっせとリンクを飛ばしていました。

もちろん、飛ばすことはいいのですが、「Facebookページ」にも投稿を飛ばさなければなりません。

そんなアドバイスをさせていただきました。

すると「そんなん知らんかったらわからんやん」とびっくりしていました。

しかも彼女の場合は、Facebookページをもっているのにも関わらず使っていなかったので、とてももったいなかったのです。

アクセスを集めるだけならばそれでもかまいませんが、あなたが商品を売りたいのであれば、
「Facebookページ」を使いましょう。


今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

わからないことや疑問点があれば、コメント欄に書きこんでください。

もちろん、ご感想もお待ちしております。

ban1

コーチングで稼げていないコーチの方へ

完全無料・期間限定動画講座
セールス不要。相手から「お願いします」と言われるクロージング
コーチングで稼ぐための「稼げるコーチ育成動画講座」
今すぐ下のリンクをクリック
http://azconsulting.jp/coachingh/

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP