ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

特定の誰かに向かって書くこと


ban1

コーチングで稼げていないコーチの方へ

完全無料・期間限定動画講座
セールス不要。相手から「お願いします」と言われるクロージング
コーチングで稼ぐための「稼げるコーチ育成動画講座」
今すぐ下のリンクをクリック
http://azconsulting.jp/coachingh/

「ブログやメルマガの文章が瞬く間に上達する5つのポイント」

特定の誰かに向かって書くこと

まず一つ目は「特定の誰かに向かって書くこと」です。

世の中にはいろいろな人がいます。

ブログやメルマガの文章を読むときには、誰でも「自分のこと」に置き換えて読んでいます。

あなたも「ああ、これわかるわかる」っていうことないでしょうか?

特定の誰かに向かって書くことで、その誰かと同じ思いの人であれば「私のことをよくわかっている」という感情が生まれます。

この感情がのちのちの商品やサービスを売るときに「この人から買おう」という思いになり、あなたから商品やサービスを買ってくれるという動線になるのです。

「関係のないこと」には興味が無い

よく、街中で街頭演説がありますが、あなたは立ち止まるでしょうか?

あまり、立ち止まって話を聞こうとしませんよね。

それは「あなたには関係ないこと」がしゃべられてるからです。

もし、あなたが興味のある話をしていたら、立ち止まるかもしれません。

例えば「ブログ集客でこれは必ず成功する」という内容でしゃべっていたら、時間があればひょっとしたら聞いてみるかもしれません。

焦点をあてずにみんなに向けて話をしても聞いてもらえませんが、特定の誰かに向けて話をすることで、その人は確実に立ち止まってくれます。

興味があることに焦点が合う

人間は自分が興味あることに焦点が合うように脳ができています。

車を買おうと思ったらその車種がよく目に入るようになったり、携帯電話を機種変更しようとしたらまわりにやたら使っている人がいたりしませんか?

このように、あなたが興味があることに焦点が合うようになっているので、この記事も読んでくれていると思います。

気にならない、もしくは興味のないタイトルであれば、メールは開いていないと思います。

だから、記事を書く時は特定の誰かを思い浮かべて書いてください。

今日、来店されたお客様とか、クライアント様とか、また今日あった友達とかに向けた文章を書いてみてください。

そうすることで、同じような思いの人が共感してくれるようになりますし、文章も書きやすくなると思います。

モデルが居ると想像して文章をかけるからです。

もし、文章が書けなくなったら、まずは誰でもいいので人物像を設定してみましょう。

そしてその人が悩んでいることや、欲しがっているだろう情報を書いてみましょう。

そうすれば、徐々に書けるようになると思いますよ。

 

「ブログやメルマガの文章が瞬く間に上達する5つのポイント」

その2「文章はできるだけ短く、多くのことを詰め込まないこと

ban1

コーチングで稼げていないコーチの方へ

完全無料・期間限定動画講座
セールス不要。相手から「お願いします」と言われるクロージング
コーチングで稼ぐための「稼げるコーチ育成動画講座」
今すぐ下のリンクをクリック
http://azconsulting.jp/coachingh/

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP