ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

Twiiterでお店に来てもらえるきっかけとは


Twitterでお店に来てもらえるきっかけとは

Twitterで知り合って、あなたのお店にきてもらえるきっかけとはどんな時でしょうか?

Twitterは「今なにをしているの?」ということを楽しむツールでもあります。

「今、ご飯を食べました」とか「今ビールを飲んでいます」とかね。

またサッカーを見ているとゴールシーンがあると「日本、ゴール」などのつぶやきが一気にTL(タイムライン)を埋め尽くすことになるわけです。

あなたのつぶやきを多くのフォロワーさんが見ます。

あなたのつぶやきが「面白いな」とか「いい情報だな」と思ったときに、RT(リツイート)がきたり、@返信(メンション)が返ってきたりするわけです。

一般的につぶやきが見てもらえる時間、すなわちつぶやきが有効な時間はつぶやいてから約15分といわれています。

15分経っても反応がない場合、あなたのつぶやきが「面白いな」とか「いい情報だな」と思われなかったわけです。

広告や宣伝であれば、スルーされている可能性も高いですね。

広告や宣伝をスルーされる確率を下げるには

広告や宣伝をスルーされる確率を下げるには「信頼関係の構築」以外にありません。

Twitterをはじめ、ソーシャルメディアは「売り込まれる」という行為はとても嫌われます。

たとえばリアルな友達から売り込まれても、いやだなぁ~ということはあっても友達関係を全く絶ってしまうということはあまりないと思います。

しかし、見ず知らずの人から電話がかかってきて営業されれば「もういいです」と電話を切ってしまうことが多いのではないでしょうか。

Twitterでも同じことが言えます。

フォローはしていても

「フォローしている人」→「知ってる人」→「親しい人」→「実際に会った人」→「オンオフ共に交流のある人」

の順番に信頼関係が高くなっていきます。

フォローしている人や知っている人程度では会ってみたいとは思いませんが、絡みが多くなり、親しくなった人とは「会ってみたいなぁ~」と思うようになります。

実際に会った人は「信頼関係が高い人(構築された人)」となっているはずです。

信頼関係があれば「今日はビールが安く飲めるよ」と来店を促しても、予定がなければ行ってみようと思うかもしれませんし、きっかけが生まれます。

でも、信頼関係がなければ「今日はビールが安く飲めるよ」といわれても、スルーされるのが当たり前なのです。

Twitterで店舗集客するには、信頼関係の構築が必要です。

TLで面白い人や興味がある人を見つけたら積極的に絡んでいき、信頼関係を勝ち取りましょう。

安定して月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

メールマガジン
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定して月収100万円を稼ぐ方法
http://azconsulting.jp/mail/

カテゴリ: Twitter集客術

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP