ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

ターゲットを絞らないとフォローしても意味がない


確定申告終わりました

昨日は、確定申告の書類を提出してきました。

去年の売上は、かなり少なかったので、書類のまとめも早かったような気がします。

今年は、そんなことがないようにがんばります。

クライアントさんのパン屋さん

税務署の後は、クライアントさんのところへ行って来ました。

以前、集客をお手伝いさせていただいたパン屋さんです。

コンサルタントをしている時はTwitterからのお客様が「1日5人増えた」をおっしゃっていました。

そして軌道に乗ってきたから、一度自分でやってみたいと言われ、コンサルティングを終了しました。

2月はひと月やってみたそうですが、Twitterで連絡があり「もう一度コンサルティングをお願いしたい」と言われました。

理由を聞くと「フォロー管理がめんどくさい」ということでした。

以前はフォロー管理を自分でしていた

僕のコンサルティングを受ける前はもちろん、フォロー管理は自分でされていました。

しかし、いざフォローをしていっても、検索だけで時間がかかり、なかなか進まなかったようです。

僕がアカウントをお返しした時は1300人ほどのフォロワーでしたが、ほとんど増えてませんでした。

そして、時期的なものもあるでしょう。

2月はTwitterからのお客様が1日3.5人に減ったそうです。

やはり手間もかかるし、お客様も実績ベースで減れば、もう一度頼もうということになったようです。

僕としてはとてもありがたいことです。

ターゲットを絞ってフォローする

Twitter集客でもっとも大事な事は「ターゲットを絞ってフォローする」ということです。

フォロワーを増やしたいことが先行してしまうと、つい「誰でもフォローしてしまう」というようなことをしてしまいます。

それでは、実際にフォロワーになっていただいても、お店に足を運んでもらえないのです。

大阪のお店で、北海道の人をフォローしてもなかなか来てもらえません。

大阪のお店でも、大阪の中心にある梅田にお店があるのに、大阪府の端っこにある泉南市(大阪府のかなり和歌山よりの市)の人をフォローしても果たしてきてくれるでしょうか?

1度はきてくれるでしょう。しかし・・・

信頼関係の構築ができれば、1度は来てもらえると思います。

しかし、本当に来て欲しいのは「常連客候補」のお客様というのが本音です。

そのためにはできるだけお店の近くにいる人をフォローする必要があります。

そして、フォロー返しをしてもらい、フォロワーになってもらうほうがいいのです。

ターゲットを絞らないとフォローしても意味がない

このパン屋さんには日頃、お店を経営していて、時間が無いのに、Twitterでがんばって返事をしていただいています。

それだけでも大変なのに、ターゲットを絞ったフォローをする作業の時間が取れなかったということになります。

しかし、ターゲットを絞ってフォローすることは、Twitter集客でも根本的なところなので、この部分をおろそかにしてしまえば、いくらフォロワーが増えたところで反応がないということになってしまいます。

フォロー管理はめんどくさいですが、しっかりターゲットを絞ったフォローを繰り返すことが集客への近道なのです。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

わからないことや疑問点があれば、コメント欄に書きこんでください。

もちろん、ご感想もお待ちしております。    

結果が早く出る「起業準備コース」

起業したい、もっと売り上げを伸ばしたい
そんな起業したい、起業してみたけどもう一つ売上が伸びない人のために

売り上げを伸ばしながらお客様に喜んでもらう起業家になるための

結果が早く出る「起業準備コース」のご案内です。

・起業したいけれど、何から初めていいのかわからない
・初めてのことなのでとても不安
・起業をしたけれど、このままでうまくいくのかとても不安
・セミナーや交流会に参加はしているけれど、売上にはつながらない
・思うように売上が伸びない

そんな方にぜひ受けて欲しいメニューです。

コースの内容はこちら

結果が早く出る「起業準備コース」

ブログで売上が伸びないとお悩みの方へ

メールマガジン
ブログで見込み客を思い通りに集客し、売上を月100万円以上に伸ばす方法
http://azconsulting.jp/mail/

カテゴリ: Twitter集客術

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP