ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

TwitterのRT(リツイート)の効果的な使い方


ban1

安定して月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

メールマガジン
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定して月収100万円を稼ぐ方法
http://azconsulting.jp/mail/

TwitterのRT(リツイート)とは

TwitterのRT(リツイート)とは、物事をあなたの友達やフォロワーさんに伝えるための機能です。

でも、使い方を間違えるとあなたのイメージを壊しかねません。

TwitterのRTとFacebookの「いいね!」の違い

もうひとつのソーシャルメディア、Facebookのシェアや「いいね!」も同じ様に、誰かが書いたことに対して、あなたが伝えたい時に使います。

しかし、この「いいね!」とRTには決定的に違う点があります。

それは、「いいね!」は比較的気軽に押すことができるのですが、RTはあなたが伝えたいと思わなければ使わない点です。

「いいね!」は写真であろうが、情報であろうが、あいさつであろうが、気軽に見たら押してしまいますよね。

RTとメンションの使い分ける

でも、TwitterのRTは、返事を送る相手以外に、フォロワーさんに伝えるために使います。

あいさつをつぶやいた人に非公式RTでいちいち返していると、フォロワーさんが多くなれば迷惑に思う人もいます。

たとえば、僕のTwitterの本アカウントは7000人ほどのフォロワーさんがいます。

「おはようございます。RT @abc おはようございます。」

とRTで@abcさんに返事してしまうと、7000人全員に同じつぶやきが表示されてしまいます。

フォロワーさんが少ない場合はそれでもいいでしょうけど、ある程度多くなれば

「@abc おはようございます。」

とメンション(@返信)で返すほうがスマートです。

つぶやく届く相手のことを考える

こうすることによって@abcさんと@abcさん、僕の両方をフォローしている人だけに、僕のつぶやきが届きます。

今回は挨拶だったのでいいのですが、これが馬鹿話だったり、どうでもいい話しだったり、また、飲み会の待ち合わせ時間だったりしたらどうでしょうか?

もっと極端な話で下ネタだったり、汚い話だったら、その手の話を嫌いな人からは間違いなくリムーブされるでしょう。

RTは「みんなに伝えたいつぶやき」に使う

このようにTwitterでは、RTはできるだけたくさんの人に伝えたいつぶやきに使うほうがいいのです。

この点はFacebookの「いいね!」とは大きく違うところです。

ビジネスに使う場合は目的をしっかり持つ

Twitterはゆるーい繋がりですので、厳密なルールはありませんが、使い方を一度間違えただけで、相手に変なブランディングをされてしまう可能性もあります。

本来伝えたい言葉に補足説明を加えるという目的や、情報元をはっきりさせる目的など、フォロワーを意識して意味のある使い方を意識しましょう。

特にビジネスで使う場合、TwitterのRTは、しっかり使い分けましょう。

ban1

安定して月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

メールマガジン
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定して月収100万円を稼ぐ方法
http://azconsulting.jp/mail/

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP