ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

LINEって集客に使えるの?


ban1

安定して月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

メールマガジン
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定して月収100万円を稼ぐ方法
http://azconsulting.jp/mail/

【LINEを使って集客するにはどうすればいいの?】

LINE_icon最近、LINEの質問をよくされます。

「LINEってどうやって使うの?」

「LINEを使って集客するにはどうすればいいの?」
「どうしたらうちのお店で活用できるの?」

このような質問が多いです。

LINEは10代、20代の利用者が多いので、40代の私はもちろん使っていなかったわけですが、あまりにも質問が多いので、今更ですが、LINEを使い始めました。

【LINEとは】

LINEには1億人の登録があり、日本国内でも4000万人が使っていると言われています。

そしてびっくりするのが、1日1回以上使っている「デイリーアクティブユーザー」といわれている人たちが全体の50%以上いるとか。

つまり日本国内で1日1回以上LINEを使う人が2000万人以上いるわけです。

この数字はFacebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)と比べてもかなり多い数字になります。

これだけのアクティブユーザーがいる媒体で集客したほうがいいのでは?と考える人はたくさんいます。

しかし、30代、40代、もしくはそれ以上の人には、よくわからないLINEの仕組みになかなか踏み込めないのが現状です。

そこで、今回少しLINEについて書いてみたいと思います。

【ブログやサイトはプル型マーケティング】

LINEはソーシャルメディアと呼ばれるカテゴリーに入ります。

ブログやサイトは誰かがGoogle等の検索エンジンでキーワードを検索し、見つけてもらってはじめて情報を見てもらえます。

あなたの発信している情報は、検索エンジンに表示されない限り見てもらえることはありません。

だからあなたも自分の情報発信元であるブログやサイトをいかに上位表示させるかを考えて記事を毎日書くわけです。

これからのブログやサイトは「プル型マーケティング」と呼ばれ、いわゆる待ちのマーケティングになります。

あなたのブログやサイトを見てもらうためには、お客様にまずキーワードを入れてもらって行動してもらうということをしてもらわなければなりません。

プル型マーケティングは有名企業や有名人なら比較的簡単ですが、インターネットの世界にはあなたの同じような職種がたくさんあるので、アクセスを集めるのは大変です。

【LINEはプッシュ型マーケティング】

一方、LINEは「プッシュ型マーケティング」と呼ばれる攻めのマーケティングに属しています。

プッシュ型マーケティングはこちらの都合で情報を発信し、お客様に情報を届けることが可能です。

今までは、プッシュ型マーケティングといえばメールでした。

メールアドレスさえ入手できれば、あなたの都合で情報を発信できますよね。

ブログなら「明日からセールスします」と言ってもアクセスしてくれる人にしか情報はいきわたりません。

ですから、なかなか効果がありませんが、メールに直接送れば、見てくれる可能性はかなり高くなりますよね。

だから、うまくいっているサービスの多くは無料サービスや無料DVDなどでメールアドレスや電話番号の情報を収集し、その後で商品をオファーして売り上げを伸ばしていく方法を使っているのです。

もちろん、メールの場合は日頃から有益な情報を発信し続けて、ゴミ箱や迷惑ホルダーに入れられない努力は必要です。

しかし、現在ではLINEがメールに取って代わろうとしています。

【LINEを使えばあっという間に見てくれる媒体が持てる】

LINEもプッシュ型マーケティングと書きましたが、友だちさえ集めることができれば、あなたのお店のクーポンやセール情報を直接届けることが可能になります。

来店時に「LINE始めました。登録してくれれば今日から使える割引券を差し上げます!」というようなPOPを机の上におけば、登録してくれるでしょう。

チラシやサイトでも、もちろんLINEの登録を促せば、登録してくれるはずです。

このようにして友だちを集めていくことにより、たとえば、1000人集めれば、アクティブユーザーが半分ですから500人の元へ宣伝できるということになります。

「明日、30%割引セールします」というような内容をLINEで送れば、500人があっという間にその情報をみるわけです。

すごくないですか?

ブログで前日に告知し、500人に見てもらおうと思ったら、かなりの集客力が必要でしょう。

【LINEで売上をコントロールできる】

このように、LINEはプッシュ型マーケティングなので、友だちをたくさん集めさえすれば、売上をコントロールすることが可能になります。

居酒屋さんで、給料日前のためお客様が少なく、売上がもう少し足りないと感じた時に、例えば昼間に「今日は美味しいマグロが入荷しました。このメッセージを見てくれた人には特別にマグロのお刺身サービスします!」と投稿したとします。

そうすれば、来店が増えますよね。

もちろん、マグロはサービスですが、刺身だけ食べて帰る人はたぶんいないはずです。

今のところ若者向けのビジネスのほうが有利ですが、使い方によっては全ての業種で使えます。

まだLINEを使っていないのであれば、あなたも一度LINEを使ってみてはいかがでしょうか?

次回は「具体的に店舗集客でLINEを使う方法」という内容で書きたいと思います。

楽しみにしておいてくださいね

 

ban1

安定して月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

メールマガジン
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定して月収100万円を稼ぐ方法
http://azconsulting.jp/mail/

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP