ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

資格だけではライバルと差別化できない


ban1

安定して月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

メールマガジン
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定して月収100万円を稼ぐ方法
http://azconsulting.jp/mail/

株式会社エーゼットコンサルティングの安達です。

今日は「資格」の話です。

あなたは資格をお持ちですか?

DC001_L
いろいろな資格があります。

私のビジネス仲間にも「士業」といわれる「税理士」や「弁護士」「行政書士」等、いろいろな資格を持った人がいます。

昔はこれらの資格があれば、年収ウン千万円という時代がありました。

しかし、今はこれらの資格を持った人であふれていて、価格競争になっています。

中には「行政書士」として独立しながらコンビニでバイトしている人もいるぐらいです。

なぜそうなってしまったのでしょうか?

実はこの資格に頼っているから、稼げなくなってしまっているのです。

たとえば「税理士」の資格を持っているとします。

「ホームページ」や「名刺」に税理士と書いていても、なかなかクライアントにはなってくれないと思います。

なぜならば、世の中の人は税理士という資格を持った人はすべて同じスキルがあると思っているからです。

逆に言えば「あなたでなければならない理由が無い」ということです。

税理士という資格を持っていて、集客が出来る人であれば、たぶんその税理士は仕事に困ることがないでしょう。

自分でクライアントを見つけてくることができるので、税理の仕事以外にクライアントに集客のノウハウも教えることができます。

税理士というライバルの中でも「集客のノウハウも教えてくれる税理士」という差別化ができているので、ニーズがあるわけです。

他にもカウンセリングや企業診断などの特色があれば、他の税理士と差別化ができます。

「あなたでなければならない理由」が資格しかない人は、ライバルと差別化できません。

だから結局「価格が安い税理士さんに仕事を頼む」ようになってしまうのです。

でも、中には月額顧問料が5万円の税理士もいます。

その人は他の税理士と比べてどんな価値があるのでしょうか?

他の税理士が顧問料2万円だとしたら、3万円分の価値がどのように表現されているのでしょうか?

お客様はその差額の価値に納得して仕事を頼むのではないでしょうか。

差額に価値が無ければ、5万円の顧問料で新規に頼む人はいないでしょう。

このように資格があれば年収がウン千万円稼げるという時代は終わっています。

資格以外にお客様のニーズに応えられる価値がなければ、価格競争になり、いつまでたってもビジネスはうまくいきません。

資格があるに越したことはありませんが、資格を持っている人はあなただけではないので、ライバルと何が違うのか明確にする必要があります。

ライバルと差別化できれば、資格でも食べていくことができるでしょう。

ぜひ、あなたも資格で食べていきたいのであれば、「差別化」を意識して独自のウリをみつけてみてはいかがですか。

ban1

安定して月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

メールマガジン
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定して月収100万円を稼ぐ方法
http://azconsulting.jp/mail/

COMMENTS *1

  1. Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP