ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

Facebookページの「いいね!」は多いほうがいい?


Facebookページの「いいね!」の数

最近Facebookページの「いいね!」の数が多いページが増えてきましたね。

ちょっと前までは、1000いいね!あったらすごい印象でした。

しかし、今は個人のページでも10000いいね!のページがあったりします。

Twitterでもありました

この現象は昔Twitterでもあったことです。

僕がTwitterを始めたばかりの頃は、1万フォロワーといえば「すごいなぁ~」という感じでした。

それがしばらくすると普通の人でも1万フォロワーがだったりする時代が到来。

無理やり1万フォロワーを集めたり、有名でもない人が10万フォロワーだったりします。

そうなってくるとフォロワー数はただ集めるものになり、「質より量」の時代が確かにありました。

Twitterでは「量より質」へ

しかし、やがてTwitterのヘビーユーザーさんは「量より質」に変化していきました。

後から参入した人が「Twitterのフォロワーは多いほうが偉いんだ」みたいな流れに乗ってしまうと数を集めに走ってしまいます。

そうなってくると外人さんや宣伝ばかり、botなどのかならずフォロー返しをしてくれるアカウントばかり集めてしまうようになります。

「量より質」と思っているユーザーは、「この人はフォロワーばかり集めてるな」ということがひとめで分かるので、フォロワー集めの人にはフォロー返しはしません。

結局「あれぇ~フォロワー集まらないや」ということになっていまうのです。

今、Twitterではしっかりつぶやいている人や情報を発信している人でないと、なかなかフォロー返ししてもらえなくなってきています。

Facebookがちょうど質より量になっている。

最初に書いたFacebookページの「いいね!」がちょうど、Twitterのフォロワーを競う状態に差し掛かっていると思います。

誰でもいいから「いいね!」を集めたからといって、元々Facebookページはビジネスをするために作られているもの。

ビジネスのターゲットにあった人から「いいね!」を集めなければ、意味がありません。

もう既にFacebookページも「量より質」になってきていると思います。

「いいね!」の意味を考えましょう

Facebookページを作り、「いいね!」を無理やり集め、情報が拡散できるから売上が上がるというのはこれから参入する人には難しいと思います。

Facbookページもコンテンツの中身をしっかり作りこみ、見に来てくれた人に、自然と「いいね!」を押してもらってこそ、ビジネスも成功します。

今一度、Facebookページの「いいね!」の意味を考えてみましょう。

わからないことや疑問点があれば、コメント欄に書きこんでください。
 
もちろん、ご感想もお待ちしております。

結果が早く出る「起業準備コース」

起業したい、もっと売り上げを伸ばしたい
そんな起業したい、起業してみたけどもう一つ売上が伸びない人のために

売り上げを伸ばしながらお客様に喜んでもらう起業家になるための

結果が早く出る「起業準備コース」のご案内です。

・起業したいけれど、何から初めていいのかわからない
・初めてのことなのでとても不安
・起業をしたけれど、このままでうまくいくのかとても不安
・セミナーや交流会に参加はしているけれど、売上にはつながらない
・思うように売上が伸びない

そんな方にぜひ受けて欲しいメニューです。

コースの内容はこちら

結果が早く出る「起業準備コース」

ブログで売上が伸びないとお悩みの方へ

メールマガジン
ブログで見込み客を思い通りに集客し、売上を月100万円以上に伸ばす方法
http://azconsulting.jp/mail/

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP