ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

Facebookはビジネスのきっかけ


ban1

安定してクライアントが獲得できず、月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

無料WEBセミナー
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定してクライアントを獲得し、月収100万円を稼ぐ集客仕組み化の作り方
http://azconsulting.jp/mailh/

SNS店舗集客コンサルタントの安達です。

Facebookも万人に受けるものではない

最近、クライアントさんと話をすると「Facebookはなんとなく嫌な感じ」とか「昔に比べて違和感がある」といった意見をよく耳にします。

Facebookの使い方も本やブログで紹介されるようになり、Facebookを使っていくとどうしてもみんな同じような使い方になってしまいますね。

食べ物や子供の写真をアップしたり、お友達と楽しい風景をアップしたり。

そんなあまり知らない人のプライベートなことを見たくないという人も実は増えてきています。

中には高級ディナー写真を見て「こんな自慢してどうするの」的な感覚にさえなるといいます。

Facebookの使い方を少し勉強した人ならば、写真をアップすると評価が上がるとか、人間味を出すことでブランディングの幅が広がるといった効果を見込めることも知っています。

しかし、すべての人がそこまでの知識がないので、嫌な感じを覚えてしまい、あまり使わなくなってしまうことも多いわけです。

あいさつ機能の使い方

ある人は「あいさつ」の使い方がひどいと言っていました。

「あいさつ」されるので「あいさつ」を返すとすぐに「あいさつ」が返ってくる。

親しい間柄ならまだしも、友だちになっただけで「あいさつ」がすぐ返ってきて、最終的には商品の売り込みをされて嫌になってしまった。

そんな話があるのはとても残念です。

確かに「あいさつ」をすれば親密度が上がるため、表示されやすくなり、売り込みもしやすくなります。

しかし、本来はそんな使い方ではないはずです。

ほんとに親しい友人同士ならば、たまに面白がって「あいさつ」が続くまで遊んだりもしますが、それほどでもない場合は1往復以外は迷惑だと思います。

しかも、その後で売り込まれると・・・。

Facebookは成功していない人の集まり

さらにその人は「Facebookって成功していない人ばかりの集まりのようだ」と言っていました。

それもたぶん正解でしょう。

成功している人であれば、何もしなくても「いいね!」はたくさん集まりますし、友達やフィード購読も自然と増えるでしょう。

しかし、無理やり有名人っぽく友達をたくさん増やしても、繋がりがありませんし、相手に表示もされません。

その話をしていた人は既にビジネスで大成功し、Facebookでさらに広げようとしているのですが、わざわざそんな嫌な思いをするようなことをしてまでFacebookでビジネスを広げようとは思わないとはっきり言っていました。

確かにそうですよね。

ある意味、FacebookもTwitterもごく一部の人が集客に成功しビジネスに利用していますが、大部分の人はうまく使えていません。

僕自身ももどちらかというとFacebookのつながりはTwitterの延長でつながっているので、Facebookで繋がってビジネスに発展したということはあまりありません。

Facebookはビジネスのきっかけ

僕の場合は、Facebookで知りあって、実際に会った後で、仕事に発展することはよくあります。

Facebookでいきなりビジネスに発展した経験が無いのです。

だからFacebookは「ビジネスのきっかけ」としては十分機能しますが、ビジネスそのものということでは無いのです。

ビジネスの入り口の一つとしてFacebookがあって、興味を持って、親しくなって、実際に会ってみて、確信に変わってようやく仕事になるというような、少々周りくどいことをしなければうまくいきません。

Facebookをうまく使えていない人はFacebookでなんとかしようというオーラが表に出すぎて「実際に時間と割いて相手に会ってみて」というすこしめんどくさい行程を無視しています。

しかし、一番大事なのは「人と人との繋がり」です。

実際に会うことで相手の印象も確認できますし、自分自身も確認してもらえます。

Twitterと違ってFacebookは実名主義で写真も出ていることが多いので、信頼感はありますが、やっぱり実際に会ってみると印象が違うことも多いです。

ビジネスで成功するには長い期間付き合うことになりますので、一回頼んだから、もしくは頼まれたから終わりというのではあまり意味がありません。

そんな長い付き合いになる仲間を見つけることこそ、Facebookが得意としている部分ではないかと最近思うようになりました。

ビジネスは人脈が大事

それ以来、僕はFacebookを「きっかけ」に使っています。

そうすることで、無理なオファーやセールスは必要ありません。

会ってから決めればいいのです。

会ってからお願いすればいいのです。

ビジネスを継続的に安定させるためには「人脈」は非常に重要です。

そんな人脈を構築できるのもFacebookです。 

あせらずゆっくり人脈を作って行きたいですね。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

わからないことや疑問点があれば、コメント欄に書きこんでください。

もちろん、ご感想もお待ちしております。

 

ban1

安定してクライアントが獲得できず、月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

無料WEBセミナー
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定してクライアントを獲得し、月収100万円を稼ぐ集客仕組み化の作り方
http://azconsulting.jp/mailh/

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP