ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

FacebookとTwitterの違い


ban1

安定して月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

メールマガジン
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定して月収100万円を稼ぐ方法
http://azconsulting.jp/mail/

FacebookとTwitterの違い

同じソーシャルメディアでもFacebookとTwitterでは使い方が大きく違います。

まず、発言頻度です。

Twitterでは、一時間100つぶやきしても、それほどきになりませんが、Facebookでは間違いなく友達を解除されるかブロックされます。

Twitterは「今」を楽しむものであってスルーされるのですが、Facebookは情報発信の要素が強いので、1日の発言が1つでもよいのです。

情報を絞って絞って1つの発言をすることによって「いいね!」がたくさん集まり、ブランディングされていきます。

次に匿名性です。

Twitterのアカウントはなんでも許されます。

ペットの名前だったり、数字だけだったり、あだ名だったり。

しかし、Facebookは実名で無ければなりません。

しかも、住所や勤務先、出身校など、言わば履歴書の代わりにもなるほど、情報を書くことができます。

Facebookのプロフィールは信頼できる

Facebookを見て、入社を決めたりする会社もあるぐらいなのです。

Twitterでは、情報は140文字に限られますし、それほど詳しい内容も書けませんし、書く人もいません。

しかも、どこの誰だかわからない人と仲良くなったりします。

Facebookはどこに住んでいて、どこに務めていて、なんという名前なのかまでわかりますので、安心感はあります。

もちろん、どこまでを誰に公開するかは、自分で決める事ができます。

まさか、全部嘘で固めた人がいたとしても、すぐにバレてしまうでしょうね。

信頼関係を早く構築できるのはFacebook

このような理由から、Facebookは「信頼関係」を構築するにはすごく便利で早いのですが、位置情報を持っていません。

ネット上でのつながりという意味では、FacebookとTwitterどちらを使ってもいいので、好みでしょう。

しかし、ビジネスで使う場合、実店舗に集客をしたいのであれば、FacebookよりもTwitterのほうが有利でしょう。

Twitterでも実名で表記できますし、住所や電話番号も乗せられます。

しかもTwitterは、つぶやきに「位置情報」が付加されている場合があるので、店舗の周りの人をフォローすることができます。

地域密着型はTwitter

ネットショップや大企業は、距離の壁がありませんが、実店舗は「地域密着型」が基本です。

地域密着型のフォロワーを集めるには、Twitterのほうがはるかに簡単なのです。

ソーシャルメディアの特徴を把握して、FacebookとTwitter、両方の特徴を活かした使い方をしていきましょう。

ban1

安定して月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

メールマガジン
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定して月収100万円を稼ぐ方法
http://azconsulting.jp/mail/

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP