ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

薄い見込み客リストより濃い見込み客リスト


量より質

Facebookの友達やTwitterのフォロワーは「量より質」です。

確かに量が多いほうが、たくさんの人に見てもらえますが、あなたに興味を持っていない人に見てもらっても反応がありません。

ソーシャルメディアで興味が無い人は完全にスルーされます。

これって、悲しくありませんか?

Twitterのつぶやきではありませんが、完全に「ひとりごと」状態です。

ソーシャルメディアは数集めの道具ではない

Facebookでもお友達が5000人もいて、投稿した記事に「いいね!」が100以下って寒いでしょ。

それは実際の知り合いがあまりいないということを自ら暴露しているということですね。

本来、ソーシャルメディアというのは数集めの道具ではありません。

さらにいうと見込み客集めの道具でもありません。

だからFacebookやTwitterで無理にお友達を集めると、影響力がない投稿やつぶやきになり、まったく効果が無くなります。

数を集める時にターゲットを絞る

しかし、そんなこと言っても「集客に使えないのか」というとそうでもありません。

数集めの方法ですが、数を集める時も「ターゲットを絞る」ことが必要です。

数が通用するのはソーシャルメディア初心者だけ

Twitterなら「地域属性」や「あなたの商品」に合っている人を集めることが可能です。

またFacebookではFacebook広告を使えば、かなり属性を絞った「いいね!」を集めることができます。

TwitterやFacebookでも簡単にフォロー返しや友達承認していくれる人がいます。

そして、Twitterの相互フォロー推奨や「いいね!」を集めようといった単なる数集めのイベントもあります

しかし、数を集めて「こいつすげぇ~」と思われるのはソーシャルメディア初心者に対してのみです。

そんなソーシャルメディア初心者にすげぇ~と思われても、集客とは全く関係ありません。

数が多くなるとリストが薄くなるだけ

フォロワーの数が多くて集客できるのは、ソーシャルメディア関係のコンサルタントぐらいでしょうか。

店舗等をしている人は、数が多くても、薄い見込み客リストになるだけです。

東京のお店で、北海道や沖縄の人をたくさんあつめても意味が無いのです。

しかも、その集めた人達との関係といえば、薄っぺらいフォローフォロワーの繋がりというだけの他人。

そんな薄いリストではでは、たとえ東京のお店で東京の人を集めても来店すらしてもらませんよ。

お友達5000人集めて「いいね!」が少ないより、濃いお友達関係を100人つくり、タイムラインでいいね!が50付くほうがかなり有効な使い方です。

友達やフォロワー集めも大切だとは思いますが、しっかり自分を出すつぶやきや投稿をして、濃い友達関係を作って行きましょう。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

わからないことや疑問点があれば、コメント欄に書きこんでください。

もちろん、ご感想もお待ちしております。

 

安定して月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

メールマガジン
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定して月収100万円を稼ぐ方法
http://azconsulting.jp/mail/

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP