ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

ワードプレスのレスポンシブデザインについて


ban1

コーチングで稼げていないコーチの方へ

完全無料・期間限定動画講座
セールス不要。相手から「お願いします」と言われるクロージング
コーチングで稼ぐための「稼げるコーチ育成動画講座」
今すぐ下のリンクをクリック
http://azconsulting.jp/coachingh/

株式会社エーゼットコンサルティングの安達です。
 
 
東日本大震災から2年が経ちました。
 
 
あの日は大阪でも長期振動が長く続き、急いでTVをつけると震度7とのことで驚きました。
 
しかしその時は、その後来る津波のことを知る由もなく、その日の夕方に打ち合わせが入っていたので家を出ました。
 
 
事の大きさに気がついたのは、打ち合わせの終わった4時半頃でした。
 
私はその津波の情報をTwitterで知りました。
 
大きな津波が各地を襲い、甚大な被害になっていました。
 
最初は誰かが冗談でつぶやいているのだと思っていましたが、RT(リツイート)の多さが尋常じゃありません。
 
私の住んでいる大阪では、そんなことも知らずに、電車は動き、繁華街も営業し、大地震が起こったことさえ知らない人もいたでしょう。
 
 
そして家に帰ってテレビをつけると津波の映像が延々と映しだされていたのでした。
 
 
阪神大震災のことは以前にも書いたことがありますが、倒れた高速道路に務めていたので、20年近く経った今でも鮮明に覚えています。
 
しかし、東日本大震災の影響があまりなかった大阪に住んでいると記憶はだんだん薄れていっています。
 
 
しかし、決して忘れてはいけないことだと思っています。
 
 
大阪でも南海地震の想定では、梅田に4mぐらいの津波が来ると言われています。
 
緊急時に備えて、いつでも冷静に動けるように心構えをしたいと思います。
 
 
 
さて、今日はワードプレスの「レスポンシブデザイン」についてです。
 
あなたはワードプレスを御存知ですか?
 
その中で、今注目のレスポンシブデザインについての話です。
 
 
まずレスポンシブデザインとは、見る媒体によってデザインが変化し、最適な状態で表示されるものです。
 
最適な状態とは、PCで見ても、スマートフォンで見ても、必要な情報にアクセスしやすい状態のことです。
 
 
しかし、PCで見るものと、スマートフォンで見るものが同じであれば、スマートフォンで見ると小さく表示され、必要な情報も見つけられません。
 
 
もちろん、興味がある内容ならば人差し指と親指を上下に開いて大きく表示し、小さい文字でも見ると思います。
 
しかし、どうでもいい内容であれば、文字が小さいと次の情報へと移動してしまうでしょう。
 
次の情報へさっさと移動してしまうことを「直帰」といいますが、この「直帰」を避けるために、スマートフォンでもアクセした人が最適に見れるようにデザインすることが必要になります。
 
 
僕の作っているワードプレスのレスポンシブデザインでは、スマートフォン、タブレット、PCと3種類のデザインを切り替えて表示できるようにしています。
 
一般的なレスポンシブデザインでは、サイドバーがあるPCのデザインの場合、スマートフォンではメインカラムの下にサイドバーが表示されます。
 
しかし、サイドバーの一番上の部分は重要な情報を表示させていることが多いわけです。
 
それが、メインカラムの下に表示されてしまっては意味がありませんよね。
 
そこで、各端末でこちらが見せたい順番に表示することが重要です。
 
 
結果的に一番小さい画面でしか表示できないスマートフォンで、どのように見てもらえるかが、情報の優先順位となります。
 
それもあって、レスポンシブデザインの世界では「モバイルファースト」と呼ばれる順番でデザインをしていきます。
 
つまり、モバイル(スマートフォン)で表示したい順番で、デザインすれば、PCで表示する優先順位も必然的に決まるということです。
 
このように、これからの時代はスマートフォン抜きではインターネットマーケティングは通用しません。
 
 
特に店舗系ビジネスの場合は、出先でスマートフォンで検索され、そのままスマートフォンで電話をかけて問い合わせができ、予約もできる状態を提供しなければなりません。
 
スマートフォン対応してなければ、面倒なので、次のお店に電話をかけられて、せっかくアクセスしてくれたお客様を逃がしてしまいます。
 
 
そんなことにならないためにもできるだけ早くスマートフォン対策をすることをおすすめします。
 

 

ban1

コーチングで稼げていないコーチの方へ

完全無料・期間限定動画講座
セールス不要。相手から「お願いします」と言われるクロージング
コーチングで稼ぐための「稼げるコーチ育成動画講座」
今すぐ下のリンクをクリック
http://azconsulting.jp/coachingh/

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP