ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

レスポンシブWEBデザインがいかに大切か


ban1

安定してクライアントが獲得できず、月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

無料WEBセミナー
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定してクライアントを獲得し、月収100万円を稼ぐ集客仕組み化の作り方
http://azconsulting.jp/mailh/

レスポンシブWEBデザインがいかに大切か

あなたはレスポンシブWEBデザインという言葉を聞いたことがありますか?

レスポンシブWEBデザインとは、さまざまな種類の機種(デバイス)や画面サイズであっても、見やすく最適化することです。

 iPhone

例えば、ホームページを作った時、パソコンでは綺麗に見えるように作ったとしましょう。

そのホームページをiPadなどのタブレットで見た時にあなたの思い通りに見えているかどうかわかりません。

さらにスマートフォンなどで見た時に、レスポンシブWEBデザイン対応になっていない場合は、ほとんどの場合、小さく表示されてしまいます。

もし、あなたのホームページにアクセスがあり、小さく表示されてしまったときに、隅々まで読んでもらうことは難しくなります。

かといって、タブレット用やスマートフォン用にホームページを作って、見る人の環境によって振り分けられる構造にしてしまうと、サイトの更新がそれぞれに必要となり大変です。

しかも、同じ内容を3つ作ることになり、グーグルからミラーサイトとして認定されてしまえば、他の2つのサイトは表示されにくくなっていまいます。

レスポンシブWEBデザインでは、PC、タブレット、スマートフォンなどの全てのデバイスを単一HTMLを使い、それぞれCSSで見やすい表示に最適化しているだけなので、サイトは1つです。

このような理由から今はレスポンシブWEBデザインで制作することが多いわけです。

グーグルでもレスポンシブデザインを推奨していることからも、できればレスポンシブデザインで作るほうがいいということになります。

また、最近ではスマートフォンからのアクセスが増えてきています。

当社のサイトでも、全体のアクセスの3割から半分ぐらいになろうとしています。

このままパソコンしか対応していなければ、スマートフォンからのアクセスを逃してしまう可能性があります。

ホームページの更新の手間、そしてアクセスが無駄になると考えると、レスポンシブWEBデザインにしたほうが圧倒的に有利になります。

その点、ワードプレスはベースのテーマ(テンプレート)でもレスポンシブデザイン対応になっています。

ただし、スマートフォンなどで見た時には、レイアウトや文字サイズの表示は最適化されますが、大きな画像は小さく表示されてしまいます。

しかし、当社のレスポンシブWEBデザインでは、さらにメディアクエリという方法も採用しており、見る環境によってそれぞれ見やすい大きさの画像で見ることができるように振り分けも使っているので、かなりの効果が見込めます。

もし、あなたのサイトがレスポンシブデザインになっていない場合は、まずはワードプレスを使ったレスポンシブWEBデザインに変更を検討してみてはいかがでしょうか?

ban1

安定してクライアントが獲得できず、月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

無料WEBセミナー
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定してクライアントを獲得し、月収100万円を稼ぐ集客仕組み化の作り方
http://azconsulting.jp/mailh/

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP