ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

フォロー管理が難しい理由・その2


ban1

安定して月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

メールマガジン
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定して月収100万円を稼ぐ方法
http://azconsulting.jp/mail/

前回は、「フォロー管理が難しい理由・その1」ということで「ターゲットを絞ったフォロー管理」の方法等を説明させていただきました。
「フォロー管理が難しい理由・その1」はこちら

今回は「なぜ、フォロー管理が難しいのか」ということをもう少し詳しく話していこうと思います。

大きな壁である「2000の壁」

実はフォローをするのが難しいのではなく、「フォローされなかったアカウントをリムーブすること」が難しいし、めんどくさいのです。

ターゲットを絞った相手に対し、フォローをしていけばいいのですが、Twitterには「2000の壁」が存在します。

 
「2000の壁」とはブログやメールマガジンで詳しく説明していますが、Twitterで自由にフォローできるのは2000人までということになっています。
 
2001人目をフォローするには、「フォロワーの1.1倍」という条件が適用されます。
 
つまり、フォロワーが1819人以上いなければ、2001人目をフォローできないということになるわけです。

今まで、自由にフォローできていた状態が、ルールが適用されてできなくなるので、2000人と2001人目の間に大きな壁があることを意味にしています。

 
これは、新規にフォローを追加できないということもありますが、フォローされたらリフォローもできないわけです。
 

2000の壁を知らなければかなりたいへんな作業になる

2000の壁を知らなければ、この時初めて、フォローを整理する必要がでてきます。
 
仕方なく、フォロー返しのない人を解除していかないといけません。
 
しかし、どの人が相互フォローでどの人からリフォローをもらっていないかわかりませんよね。
 

「FRIEND or FOLLOW」というサイト

で、その時使うのが「FRIEND or FOLLOW」というサイトです。
 
http://www.friendorfollow.com/
 
このサイトでは「フォローしている」「ファン」「友達」と3つにわかれて表示されます。
 
フォロー管理をする場合は「フォローしている」人がいわゆるフォロー返しの無い人なので、どんどんフォローを解除していきます。
 
 
このような手順で、フォローできる枠を増やし、またフォローし、フォロー返しを待つわけです。
 
そして、1819人以上フォロワーを獲得できれば、2000の壁を超えていくことができます。

ここまではフォロー管理が難しい理由の一つ目です。

実はもうひとつ、Twitterを使いこなして無ければわからない問題があります。

その前に、「なぜリムーブしなければならないのか」という理由を書きました。

それは「フォロー管理が難しい理由・その3」で書いていますので、ご覧下さいね。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

わからないことや疑問点があれば、コメント欄に書きこんでください。

もちろん、ご感想もお待ちしております。    

 

ban1

安定して月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

メールマガジン
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定して月収100万円を稼ぐ方法
http://azconsulting.jp/mail/

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP