ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

なぜ、税理士、弁護士などの士業がうまくいかないのか?


なぜ、税理士、弁護士などの士業がうまくいかないのでしょうか?

今、税理士、弁護士などの士業の方の相談が多く寄せられています。

「人がこない」
「顧問契約が取れない」
「問い合わせすら無い」

社労士、司法書士、行政書士などなど、昔は資格さえあれば、食べられた時代もありました。

しかし今では資格があっても見向きもされません。

それはなぜでしょうか?

それは「差別化ができていない」からです。

差別化が明確でできていないから

税理士さんの例を取ると、税理士といえば、所得税や法人税の申告が主な業務です。

しかし、ネットで検索してみるとわかるのですが、どの税理士さんもできることは同じです。

つまり、ネットで検索してもどの税理士さんも同じことしかできないわけです。

さらに、税理士さんの場合は、値段もほぼ同じことが多く、全く差別化できていないことがわかります。

どの人に頼んでも同じ

お客様からしてみれば、「どの税理士さんに頼んでも同じ」という見られ方をしてしまいます。

本当はいろいろな技術や特徴があるはずですが、それをホームページで表現できていない方がほとんどです。

そうなってくると、お客様からみれば「選びようがありません」

選ばなくてはいけないにもかかわらず、全部書いてあることが同じだったら、判断基準がないからです。

結局、ツテを頼って、税理士さんに頼むことになります。

上手く行っている税理士さんは「人脈が多い」とか「交流会にたくさん出ている」といったところで集客している方も多いわけです。

お客様は、あなたが何をしてくれるかわからない

そうして積極的に集客活動をしないと、食べられない人がでてきます。

税理士さんや弁護士さんは何をやっているか私でも想像がつきますが、他の士業、例えば、弁理士さんや社会保険労務士さん、司法書士さんや行政書士さんの仕事って、どんなことをしているのか私には全く区別がつきません。

士業の方は「肩書をみればわかるだろう」というような勢いですが、頼む側に立ってみれば、「よくわからないから頼めない」ということになっているわけです。

このように、士業の方が集客できない原因は、「何をしてくれる人なのか」ということがわかりにくいということです。

そして、同じ士業同士との差別化も難しいというのも原因にあります。

もし、同じ士業でもうまく差別化できている士業さんはうまく集客できています。

あなたも士業としてうまくいっていないのであれば、「差別化できないだろうか」と少し考えてみてはいかがでしょうか。

 

安定して月収100万円を継続できないとお悩みの方へ

メールマガジン
コーチ、コンサル、セラピスト、士業のための
安定して月収100万円を稼ぐ方法
http://azconsulting.jp/mail/

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP