ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

「お金が無い人」を集めてしまう理由


ban1

コーチングで稼げていないコーチの方へ

完全無料・期間限定動画講座
セールス不要。相手から「お願いします」と言われるクロージング
コーチングで稼ぐための「稼げるコーチ育成動画講座」
今すぐ下のリンクをクリック
http://azconsulting.jp/coachingh/

「お金が無い人」を集めてしまう理由

今日は「お金が無い人」を集めてしまう理由を書きたいと思います。

あなたの商品をクロージングする時に断られる理由として「お金が無い」もしくは「時間がない」といったことで断られませんか?

「お金が無い」もしくは「時間が無い」といった理由で断られる場合、いくつかの要因が考えられます。

・説明不足
・信頼関係が出来ていない
・無理やりクロージングした

その他にもいろいろな原因があります。

しかし、10人に体験セッションをして、10人ともに「お金が無い」と言われて断られてるとしたら、ビジネス導線そのものが間違っていると考えたほうがいいです。

なぜ、「お金が無い」といって断れるのか?

なぜ「お金が無い」といって断られるのでしょうか?

もちろん、相手の財布の事情はあります。

でも、少し考えてみてくださいね。

あなたが1週間で死ぬ病気になったら・・・

もし、あなたが1週間で死ぬ病気にかかったとして、私が助かる方法を知っているとします。

その費用は1000万円です。

その時、あなたは私に「お金が無い」と断るでしょうか?

ほとんどの方は、何かしらお金を集めると思います。

決して「お金が無い」といって断らないと思います。

相手が本気ではない

「お金が無い」という理由が出てくるのは、相手が本気になっていない可能性もあります。

あなたのサービスに欠陥があるのではなく、相手が本気で悩みを解決したいと思っていないのです。

本当に1週間しかなければ、必死になりますよね。

相手は必死じゃないのです。

私もよく断れました

私も昔はよく「お金が無い」といって断られました。

100人がメルマガに登録して、かなりの数が体験セッションに申し込んでくれたのですが、契約ゼロの時もありましたよ。

相手が本当に悩んでいないということは知っていましたが、さすがにへこみますよね。

ハードルを置く

しかし、実は「お金が無い」と言われることを減らすことができます。

知りたいですか?

それは、ランディングページやステップメールの中で「ハードルを置く」ことです。

登録数だけ伸びても売上は伸びない

どういうことか説明しますね。

ブログ集客がうまくいくようになったり、広告を打ってランディングページにアクセスを集めるといろいろな人がステップメールに登録してくれるようになります。

登録数が増えることは嬉しいことです。

しかし、売上を伸ばすと考えた時、登録数が増えただけでは売上が伸びないのです。

先ほどの昔の私のように100人登録しても契約ゼロは普通にあります。

登録しにくいようにレターを書く

なので、どうするかというと「お金が無い」という人が登録しにくいようにレターを書きます。

「お金が無い」「時間がない」という人やノウハウだけを集めているいわゆる「ノウハウコレクター」の人は、ネットサーフィンで面白そうな情報があると無料の情報をかき集める傾向にあります。

この人達が登録して、普通にステップメールで教育していっても、本当には悩んでいないので、無料で受けられるサービスまで受けて最後には「お金が無い」「時間がない」といって断ります。

これは、正直お互いの時間の無駄ですよね。

集客がうまくいくようになると・・・

私も本気で困っている人を助けるために、いろいろな集客ツールを使ってメルマガを運営しています。

なので、最後まで普通に行ってしまったら、100人登録でゼロ契約ということになってしまうのです。

本気の人だけ登録してもらうようにする

で、話を戻しますが、「ハードルを置く」というのは、途中でアンケートや宿題をコメント等をさせて、本当にメールを読んでいるか、本当に悩みを解決したいのかを本人たちにやってもらうのです。

ハードルを置くことで、やる気のない人は、面倒くさいことはやらないので、脱落していきます。

ハードルを置くことで、本当に重要な情報は、本気でない人には伝えても、腐るだけなので、意味が無いのです。

ハードルを置くことで、最後までメールを読んで体験セッションに申込んだ人は、かなりの確率で契約が決まります。

なぜなら、「本気で問題を解決したい人」だからです。

私のビジネスモデルではメルマガ10人に対して一人契約するように想定しています。

この10人もランディングページがかなり厳し目で書いてあるので、昔の100人に相当する90人がすでにランディングページでふるい落とされた結果なのです。

ノウハウコレクターが好みそうな言葉を避ける

いかがでしょうか?

確かに、登録が少ないと「本当に大丈夫か」と思ってしまいますが、メールを開けてもらえなかったり、体験セッションで断られるくらいな、始めから登録してもらわないほうがいいのです。

もし、あなたが、メルマガをしっかり運営していて契約率が悪いなら、ランディングページを見直してみてはいかがでしょうか?

「簡単に」とか「すぐに」といってノウハウコレクターが好きそうなキーワードを並べているとそれだけで登録する人達がいます。

その人達は契約には至らないので、登録数がほしいのはわかりますが、本当に欲しいのは契約であり、あなたのビジネスで助けたい人です。

最後まで来た人を全力で助け、目標達成させることがあなたの役目です。

ぜひ、一度、見直してみてくださいね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

ban1

コーチングで稼げていないコーチの方へ

完全無料・期間限定動画講座
セールス不要。相手から「お願いします」と言われるクロージング
コーチングで稼ぐための「稼げるコーチ育成動画講座」
今すぐ下のリンクをクリック
http://azconsulting.jp/coachingh/

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP